ひな人形めぐりの季節がやってきました♪
今回で20回目を迎える「商家に伝わるひな人形めぐり」。
今年も見どころ盛りだくさんでお届けします♫

20150121-中村家雛人形.jpg

江戸・明治・大正・昭和と各時代の商家のひな人形をそれぞれの見どころとともに紹介します。
気品に満ちた顔立ちや、細部まで手の込んだ見事な作りは、職人のすばらしい技が見てとれます。

そして今回は、ひな人形と共に東近江市在住の花結び作家田中年子さんの花結びを展示します。
『花結び』は、一本の紐を手で結び、花や蝶、紋などの形に結んだものです。仏教の伝来と共に伝えられ、家具や調度品、武具、茶道、香道などにおいて様々な結びが編み出され発展しました。
茶道具の仕服袋の伝統的な結びをはじめ、一本の紐からできているとは思えない、複雑な模様の几帳結びなどを紹介します。

花結びとともに飾られたひな人形と各時代の流行とともに変化していった、お雛さまの形や表情も合わせてご覧ください。



【会期】平成27年2月1日(日)~3月29日(日)
【時間】9:30~17:00(入館受付16:30まで)
【入館料】大人200円 小人100円 
     ※近江商人屋敷4館とセットの5館共通入館券900円もございます。
【休館日】2月2日(月)、9日(月)