中路融人記念館のオープンを記念して、展示会を開催します。
オープン特別記念展「中路融人の世界-湖国の風景に魅せられて-」

 湖国の原風景に心惹かれ、60余年もの間その風景を追い求め、描き続けている日本画家・中路融人(文化功労者・日本藝術院会員・東近江市名誉市民)。その創作の原風景は、母の故郷東近江市にありました。「小鮒やモロコが釣れる曲がりくねった小川が、田んぼの間を流れる、のどかな田園地帯が広がっていました。」とその風景を回想しています。
 デッサンを大切にし、雪に輝く伊吹山や榛の木の立ち並ぶ田園風景、葦がゆれる湖畔など、一期一会の自然の表情が豊かに表現された作品。中路画伯が魅せられた、湖国の原風景をお楽しみください。


会 期:平成28年4月17日(日)~7月24日(日)
時 間:午前9時30分~17時00分(入館は16時30分まで)
場 所:東近江市近江商人博物館・中路融人記念館
    東近江市五個荘竜田町583(てんびんの里文化学習センター2階)
休館日:月曜日(祝日の場合は開館)・祝日の翌日
※会期中の休館日:4/18、25、5/6、9、16、23、30、6/6、13、20、27、7/4、11、19
入館料:大人300円、小中学生150円