21世紀に伝えたい近江商人の言葉

堪忍(かんにん)

「苦しいことをがまんして耐え忍ぶ」
「怒りをこらえて他人の過ちを許す」

近江国神崎郡位田村(現在の東近江市五個荘竜田町)の近江商人・小杉五郎右衛門家に、
代々伝わる家訓です。

この「堪忍」にまつわるエピソードをご紹介します。

天保8年(1837年)6月、小杉五郎右衛門の商圏の中心だった金沢藩で、
棄捐令(貸借を破棄される法令)が出されたため、売掛金が全部損失しました。

大損失をうけ、落胆のあまり、日夜寝室で臥せっていた五郎右衛門。
そんな五郎右衛門のもとへ、隣家に住む近江商人の先輩・松居遊見が訪ねてきて、
「この困難なときこそがチャンスだ」と激励し、
加賀国(石川県)へ再び商いに行くようにすすめました。

松居遊見の言葉を聞いて冷静になった五郎右衛門は、
「この棄損令によって、今、加賀国へは他の商人たちは行かないはずだ。
きっと商品不足で、人びとは困っているに違いない。
この時期に、いち早く現金販売すれば、必ず利益は上がる」と考え、
すぐに商品を大量に仕入れ、加賀国へと向かいました。

その結果、多くの人びとに歓迎され、商売は大繁盛。
「苦境の時こそチャンス」と教えてくれた松居遊見に、
小杉家は後々まで感謝し、小杉五郎右衛門家には、
遊見が力強く自筆した「堪忍」と描かれた掛け軸が大切に伝えられているそうです。



null
近江商人・松居遊見が自筆した「堪忍」の二文字